関西最大級のウイスキー試飲会に潜入! リカマンウイスキーメッセ in KYOTO体験記

  • 池原さん

    Writer
    池原太朝

2022年10月16日、3年ぶりに開催されましたリカマンウイスキーメッセ in KYOTOに参加してきましたのでその体験記をウイスキーメッセの詳細とともに紹介させて頂きます。

リカマンウイスキーメッセ in KYOTOとは?

リカマンウイスキーメッセ in KYOTO

リカマンウイスキーメッセ in KYOTOは「リカーマウンテン」が主催する関西最大級のウイスキー・スピリッツの試飲会です。

会場には人気のウイスキーや話題のジンなど国内外の生産者・インポーターが約80ブースも集結、さまざまなウイスキーやスピリッツを時間内で自由に試飲できます。

また一部有料試飲も設けられており、憧れのモルトや希少性のある国産ウイスキーなども試飲可能!チャリティーオークションや著名人を講師に招いたウイスキーセミナーなども開催されており、ウイスキーラバーにとって夢の時間です。

会場は宝ヶ池プリンスホテル。京都の岩倉にある自然豊かな会場ですが、京都市営地下鉄「国際会館駅」から直通になっており、参加しやすい立地です。

まずチケットを受付に渡し、リストバンドと試飲グラスとお水をゲット。これで再入場も可能です。水は必須!2時間半の飲み放題ですので適度に休憩が必要です。

入場してまず驚いたのは人の多さ!コロナの影響で3年ぶりの開催となったこともあり、待ちに待った開催であったことが伺えます。1部で500人以上が来場しているそう。私もウイスキーラバーとして興奮を押さえ切れません。

今話題の長濱蒸留所のブース!

さて、まず訪れたのは今話題の長濱蒸留所のブース。オフィシャルモルトの「長濱」はさすがに有料試飲でしたが、コンクール受賞歴もあるAMAHAGANは無料でゲットできました。

個人的にレッドワインカスクがお気に入りでした。オリジナルのアマハガンよりカスクの個性のおかげか香り高く、水でトワイスアップする事で華やかなアロマが広がり、ビギナー向けのアマハガンです。またハンドフィルも体験できるとの事、希少な体験ができました。

竹鶴や余市、宮城峡も試飲可能!アサヒのブース

流石の人だかりでなんと今や貴重となった竹鶴や余市、宮城峡も試飲可能とのことで早速試飲させていただきました。この3つを飲み比べる事はさすがにレアなのでついつい飲みすぎちゃいました。

チャリティーオークションで今や幻となった国産モルト登場!

そうこうしているとバグパイプの演奏が聞こえて、チャリティーオークションが開始!

三郎丸シングルモルトや嘉之助のレアボトルなど続々と落札される中、最後にすごいやつ来ました。「山崎18年!!」今や幻となった国産モルトです。

しかも山崎蒸留所のチーフブレンダー福輿氏のサイン入り!かなり貴重です。1万スタートでしたが、どんどん値段が上がっていき、なんと最終落札価格は20万円!会場から歓声が上がりました。笑

個人的には希少性と中身のクオリティを考えれば安いと思いますね。ちなみにオークションの売上はウクライナ支援に当たられるとのこと。

さてオークションの熱気も冷めやらぬ中、まだまだ試飲していきます。

アイルオブラッセイのブースに突撃!

個人的に気になっていたアイルオブラッセイのブース。

アイルランドのヘブリディーズ諸島、ラッセイ島の2014年に設立された比較的新しい蒸留所で、オフィシャルリリースが2020年。そのピーテッドレッドワインカスクを試飲!

比較的穏やかなピート香でボルドーワインカスク由来のベリー系の香りが特徴的。なんと全世界282本限定でした!もっといっぱい飲んどけばよかった(笑)今後、注目のディスティラリーですのでお店で見つけたら是非1本試してみてください!

妖艶な色のジン、エンプレス1908!

ウイスキーばかり飲んでいたのでここで一旦ジンも飲みたくなりました。目に留まったのはブルーのなんとも妖艶な色のジン、エンプレス1908!

目の前でトニック割りにしてもらいましたがなんとピンクに大変身。バタフライピーがボタニカルで入っており、天然色素とのこと。味も雑味なく普通に美味しい!ちょっと自宅にあったらおしゃれかも・・。

最後は「ロッホローモンド」のブースへ!

さてそろそろ酔いも回ってきましたので最後にしようかなと思っていたところで立ち寄ったのは私が一番好きなシングルモルトである「ロッホローモンド」のブース!

ロッホローモンド蒸留所は全英OPゴルフのオフィシャルスポンサーとしても知られていますが、リリースするウイスキーはどれもレベルが高く、ロッホローモンド12年は東京スピリッツコンペディションで4年連続金賞の実力派の蒸留所です。蒸留所内に連続蒸留器を有しており、モルトのみならず、グレーン原酒も生産しており、バラエティ豊かなウイスキーを製造しております。

今回はインチマリン9年 ソーテルヌホグスヘッドを試飲。なかなか見たことないモルトで日本限定との事。バニラの香りと甘い果実のアロマが重層的な味わいです。少しシトラス系の香りと後味でストレートやロックでゆっくり愉しみたいウイスキーです。今日一で美味しかったので皆さんもショップ等で発見しましたら是非飲んでみてください!

沢山ブースを回りたい人は通し券がおすすめ!

他いろいろブースを回りましたが約2時間半で30~40ブースくらいしか回れませんでした。全80ブースの半分くらいしか行けなかった・・・・。これはリベンジ必須ですね。ちなみに通し券というものがあるらしく2部通しで参加可能。沢山ブース回りたい人は通し券の購入をおすすめします。

まとめ

普通に楽しかったです!知っている蒸留所やウイスキーのニューリリースもたくさんあり、様々な種類を飲み比べるのも楽しかったです。会場も活気がありチャリティーオークションや即売会、セミナーなど試飲以外でも楽しめる催しが沢山ありました。来年も開催される機会があれば今度は通し券で長い時間愉しみたいなと思います!(適度に休憩を入れないと倒れますが笑)

池原さん

Writer
池原太朝

このライターの記事一覧を見る

関連記事